-

中古車買い取りについて最近注目されているのがネットオークションによるトレードです。78-9-104

オークションのいいところはなんといっても、自動車の買取専門店や下取りを依頼する場合よりも高く売ることができるということだと思います。78-2-104

自分が売るつもりの時価をチェックして微妙だなと考えるのでしたらネットオークションに出すことによってそれ以上に満足できる額で手放すことができると思います。78-3-104

その代わり多少作業が必要なのが負担になるかもです。78-15-104

個人でネットオークション出品するのであれば、普通のオークションサイトを使うのではなく中古車の情報が豊富なサイトや中古車専門のお店がたくさん集う場所でインターネットオークションに出す方が好ましいです。78-4-104

このようなホームページを活用すれば、専用の商品説明テンプレートが準備されていますのでそういうものを活用して情報を記載していくだけの作業で素人でも簡単に利用していくことが可能です。78-14-104

インターネットオークションで売却をする際のポイントとしてクルマはその写真が大切です。78-6-104

その画像を手掛かりに購買者は車両を検討すると言えます。78-8-104

車の画像は車体の外面は当たり前ですが、ETC、2連メーターなどの内装も出来る限り撮影しなければいけません。78-16-104

そして車の納品後の苦情を防ぐ意味でも汚れなどがある場合はそういった点も詳細に写真によって判断できるようにしましょう。78-1-104

これは車を廃車にする場合も同じです。

そしてカーオーディオやエキゾーストマニホールド、ロワアームバーやエアロパーツ、車高調、サイドスポイラー等車外パーツが含まれる際も細部まで記載したうえでそれぞれの写真を画像を撮影しておくと良いですね。

先述したカーオーディオや外装パーツ、油温計、ラジエーターやエアロパーツ、サイドステップというようなドレスアップパーツは凝っている人には、ご存知の通り喜ぶ方も多いです。

インターネットでの個人間売買で納車後のクレームを事前に抑えるひとつの方法として板金履歴や不良箇所が過去にあれば、忘れずに詳細に載せるようにしてください。

自分でネットオークションで掲載していくことが厳しいならば、オークションサイトを代行してくれる業者という業種があるのでこの業者にに頼むという手段もあるでしょう。

この場合は一般の競売とは違って所有車を専門業者が集まるネットオークションに出品して引き取っていただくことになります。

手放す車の売値相場が普通の査定相場ではなく、専門業者が集まる相場なので普通の競売よりは若干高い入札額になるケースが多いです。

競売代行専門業者の手数料を差し引いた上で愛車の落札金額が確定するため、インターネットオークションを代行してくれる業者の中身や取引マージン次第では、通常のオークションより結果的に多少売値が安くなるケースもあるのです。

こちらのインターネットオークションの場合はインターネットオークションを代行してくれる業者のノウハウによるケースも大きいので、実力のあるところを使うのが大切なポイントになります。

インターネットオークションでのクレームについては委託している形になるため実際に少ないと言えるでしょう。

どのオンラインオークション形式でも同じですが自らの自動車に関して都合の悪いこと(傷やエクボなど)を公表しないでいると、売却額が下がったり場合によっては訴えられることになることもあります。

自分の処分する車の詳細はすべて記載するようにする必要があると思います。

78-12-104 78-10-104 78-11-104 78-20-104 78-18-104