-

お茶は、しばしば爽やかさに関係してきます。 お茶の中には、飲んだ後の感覚が爽やかな物があります。例としては、ウーロン茶や紅茶あたりです。どちらも飲んだ後は、口の中が爽やかな感覚になります。このためウーロン茶や紅茶などは、しばしば食後に飲まれることが有るのです。 例えば肉料理などは、やや油分が多いものです。食べてからしばらくの間は、口の中がちょっと油分で満ちているような感覚になってしまいます。 そのような時には、ウーロン茶あたりが適切だと思います。ウーロン茶は口の中の油分を、うまく落としてくれるものです。飲んだ後は爽やかな感覚になりますので、肉料理を食べた後などにウーロン茶を飲んでいる方々は多いと思います。もしくは、紅茶でも構わないのですが。 お茶の効能は、気持ちの落ち着きなどが主なものだと思います。しかしお茶の中には、口の中を爽やかにするために飲まれるものも有る訳なのです。その代表例が、ウーロン茶や紅茶という訳です。